このページの目次を開く

実際の体験談をご紹介

親から借りた車の修理代に(男性/20代)

男性/20代

私が住んでいる地域は電車やバスが1時間に1本しかないほどの田舎で、どこか出かけに行くには車が一番便利です。

私は自分の車を持っていませんが、両親の車があるのでよく借りて出かけています。

その日の休日も父の車を借りて買い物に出かけていたのですが、
自分の運転中の不注意のせいで、車に大きなこすり傷をつけてしまいました。

焦って修理屋さんに行ったところ、傷を直すのに8万円ほどかかると言われました

ですが、自分には貯金がほとんど無く、8万円という支払いができる状況ではありませんでした。

翌日には父が通勤でこの車を使うので、修理はその日のうちに済ませてしまいたいですが、
自分の不注意のせいでつけてしまった傷なので父や家族にお金を借りるのは気が引けます。

そこで、即日融資が可能な消費者金融から借り入れすることを思いつきました。

消費者金融でお金を借りるのは初めてで、手続きに半日ほどかかるのではと覚悟していましたが、
そんなことはなく1時間ほどで必要な8万円を借りることができました

おかげで無事に修理も終わり、傷をつけてしまったことも父にバレていません。

人気の即日借りれる消費者金融はこちら

衝動買いで家賃の支払いが…(女性/30代)

女性/30代

お気に入りのブランドショップを覗いていたら、そこにあったバッグに一目惚れしてしまいました。

デザインはもちろんのこと、カバンとしての機能性も良く見れば見るほど気に入りました。

お値段が予算の倍近くしましたが、ラスト一つの限定品で他店にも在庫がないそうで
この機会を逃したら二度と手に入らないかもしれないと思い切って購入!

その後の生活を節約して、給料日までしのげば大丈夫だと考えていましたが、友人の結婚式のご祝儀や会社の送別会の飲み会などで出費がかさんでしまい、気がつけば貯金残高がほぼない状態になってしまいました。

しかも、困ったことに今月に限って家賃の支払いを忘れてしまっており、
今日中に支払いを済ませなければいけないという状況になってしまいました。

お金を借りることに少し抵抗がありましたが、他に当てがないと思い消費者金融から借り入れすることにしました。

ネットで即日融資OKの消費者金融を探して、家賃と給料日までの生活費合わせて十万円を借り入れしました
初めは審査や手続きなど不安でしたが、思っているよりも簡単に済ませることができました。

これからもいざという時に頼りになると感じました

旅先で無一文に(男性/20代)

男性/20代

私の趣味はロードバイクです。休日には県外へちょっとした旅行を兼ねて遠征しに行くこともあります。

その時も大型連休を利用して泊りがけでロードバイクに乗っていました。
喉が渇いたのでコンビニで飲み物を買おうとしましたが、どこを探しても財布が見当たりません

背負っていたリュックのチャックが空いていたので、きっとどこか途中で落としてしまったのだと思います。

警察に届けを出しましたが、すぐには見つかりませんでした。丸一日以上移動していたので、家まで簡単に戻れる距離ではありませんでしたし、知らない土地ということもあって途方に暮れました。

とにかく、その日宿泊する宿代だけでもどうにかしなければと思い、消費者金融からお金を借りることを考えつきました

スマホですぐに借り入れできて近くにある消費者金融を探して、キャッシュカードを発行してもらいました。
審査や手続きなど1時間ほどで済みました

おかげでなんとか無事にその場をしのぐことができました。

人気の即日借りれる消費者金融をランキング

数ある消費者金融の中でも、融資スピードが早くて口コミ評価の高い会社のみを厳選してランキング比較しました。

なお、三菱東京UFJ銀行とオリックス銀行は総量規制対象外なので、収入がない専業主婦でも借入可能です。

  1. プロミス

    30日間無利息で最短1時間で融資、50万円以下なら収入証明書不要、顧客対応が良い

  2. SMBCモビット

    10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

  3. 三菱東京UFJ銀行

    低金利で最短30分審査、口座開設不要でATM手数料無料、毎月の最低返済額は2000円から

  4. オリックス銀行

    限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

よくある質問

即日融資に申し込む時に注意点はありますか?

消費者金融から即日融資を受けるためには、何時までに何をしなければ即日融資に間に合うかというタイムリミットがあります。

各消費者金融でこのタイムリミットは異なりますが、ほとんどの業者が平日の14時頃となっています。
それを超えてしまうと即日融資を受けられなくなってしまうので注意が必要です。

審査や必要書類の提出などに手間取ってしまうと時間がかかってしまうので、
申し込みや手続きに必要になるものや、書類などは事前に用意しておくと良いでしょう。

また、各消費者金融が公表している審査時間は最短での時間なので、あくまでも参考に時間に余裕を持って申し込む方が無難です。

スムーズに即日融資を受けるためのポイントはありますか?

消費者金融の手続きで、一番時間がかかるとされているのは審査です。

この審査をスムーズに済ませることがスムーズな即日融資に重要なポイントとなります。
審査を早く終わらせるには、消費者金融からの本人確認と職場の在籍確認に時間をかけないようにしましょう

本人確認は携帯電話に連絡が来るので、自分がすぐに電話を受けることができれば問題ありません。

職場への在籍確認は消費者金融側に事前に電話をかけてもらう時間帯を指定しておくと、スムーズに審査を受けることができます。

即日融資を受けるために必要なものは?

即日融資でなくても消費者金融から融資を受ける際には、本人確認書類が必ず必要になります

具体的には運転免許証や健康保険証、パスポートなどが本人確認書類に当たります。
また、融資を受ける消費者金融や借り入れする額によっては、本人確認書類の他にも収入証明書が必要になる場合もあります。

収入証明書は、給与明細書や源泉徴収票、確定申告書などが該当します。

基本的に大手の消費者金融や銀行での50万円以下の融資では不要ですが、中小規模の消費者金融の中には、
借り入れ金額に関係なく収入証明書が必要になるところもあるので、事前に必要となる書類を確認しておくことをおすすめします。

土日や祝日でも即日融資を受けることができますか?

土日や祝日でも即日融資に対応している消費者金融はあります

土日祝に即日融資の手続きを行う場合は、自動契約機を利用することをおすすめします。

その他にも、インターネット上だけで手続きを済ますことができるweb完結取引もありますが、
WEB完結取引が可能な消費者金融は少なく、キャッシングできる銀行も指定されるので自動契約機の方が無難です。

また、事前にインターネットで申し込みと審査を済ませておき、
自動契約機でカードや契約書の受け取りをするとよりスムーズに融資を受けることが可能になります。

ただし、土日祝に即日融資を受ける場合には職場への在籍確認が行えないこともあるので注意が必要です。

消費者金融によっては在籍確認を他の方法で行ってくれるところもあるので、まずは相談してみると良いでしょう。

申し込みが混み合う時間帯などはありますか?

基本的に平日の12~13時と平日の18時以降は混み合う傾向があります

その時間帯は一般的に会社の昼休みと就業後となっているので、申込みが集中してしまうと言われています。

また、土日に審査を行っていない消費者金融は金曜日の就業後と土日の間の申込みを全て月曜日に審査するため、
月曜日の審査は混み合うという場合も多いです。

急いで即日融資を受けたいという方は、混み合う時間と曜日は避けて申し込みを行うことをおすすめします。

お金を借りるメリットは何ですか?

消費者金融を利用してお金を借り入れるときには、保証人や担保を用意する必要はありません。

何か財産を用意してからではないとお金を借りることはできないということはなく、
個人の信用があれば、手軽に融資をしてもらうことができます。

生活に困ったりして今すぐお金が必要になったときには、
消費者金融からお金を借りることによって、生活を安定させることができます。

借りたお金は収入が入った時に返済することができるので、無理のない返済計画を立てるようにしましょう。

また、返済する額が用意できない場合でも、消費者金融側に相談して、返済額を減らして、
返済期間を伸ばしてもらい、お金を返す方法をとることもできます。

審査に通るために気をつけるポイントはありますか?

まず大切なのが業者の選択です。消費者金融ならどこでも同じと決め込んで、適当な場所でお金を借りることは危険です。

街で配られているチラシを頼った先が闇金である可能性もなくはないので、
信頼のできる消費者金融を見つけて、そこでお金を借り入れるようにしましょう。

次に、審査に通るための能力がポイントとなっています。

消費者金融は銀行よりも審査通過は厳しくないとされていますが、安定した収入のない人や
これまでに複数の消費者金融からお金を借りている人、滞納をしたことがあるという人などは、特に審査が通りにくいです。

初めてお金を借りるという人なら、収入が安定していれば大体の方が審査を通過することができますが、
返済するときには滞納をしないように気をつけましょう。

次に大切なのは制限時間です。

消費者金融によって時間制限は変わってくるので、
即日融資を受けたいという人は早めに申し込みをするようにしておきましょう。

家族に借り入れがバレないように注意することはありますか?

家族に消費者金融からお金を借りているということを知られたくない場合は、
消費者金融に行かなくても申し込みのできるネット完結によるキャッシングを行いましょう。

スマホから審査の申請をすることができる他、審査に通った後の契約もスマホで簡単に行うことができるようになっています。

ですが、消費者金融に来店せずに契約を完了した場合、契約書が後日自宅へ郵送されてくることがあります。

直接消費者金融で契約を済ましていれば、契約書は当日に受け取ることができるので、
家族に気づかれずに保管しておくこともできますが、郵送されてくる場合は気をつけるようにしましょう。

また、毎月送られてくる明細書の対策もとっておく必要があります。

契約書は最初の一枚だけですが、明細書は毎月送られてくるため、郵送物には気をつけるようにしましょう。

消費者金融によっては、いずれの書類も郵送不要にすることができるので、
契約する際には書類についても調べるようにしておいてください。

振込融資でお金を借りる場合はどうすればいいですか?

はずせない仕事や用事のせいで、消費者金融に行けないという方に嬉しいのは振込融資です。

消費者金融は審査が終わればすぐに振込をしてくれます。
平日の14時までに審査を完了しておけば、銀行の営業時間以内に振込の手続きを終えてくれるため、お金を借りることができます。

注意すべきなのは、銀行の営業時間ギリギリで審査が完了しないようにすることです。

審査がギリギリの時間まで続いてしまうと、即日の振込はできなくなってしまうため、
翌営業日になってからでないとお金を借りることができなくなってしまいます。

即日の内やいつまでにお金を借りておきたい場合は、平日の早い時間に審査を終わらせるようにしておきましょう。

午前中に審査をしておけば、確実に即日での振込融資をしてもらえるので、お金をすぐに借りることができます。

在籍確認はしなければいけませんか?

銀行でカードローンの契約をする場合は必ず在籍確認がされるので、行う必要があります。

ですが、消費者金融の場合は、いくつかの業者では在籍確認の必要をしていないところがあるので、
そちらでなら在籍確認を行わずに消費者金融とカードローンの契約を行うことができます。

しかし、即日融資の利用をしたいという場合にはこの在籍確認は重要になってくるので、できることなら行うようにしましょう。

お金を借りる時の信用の度合いも決まってくるので、在籍確認できちんと仕事をしているかどうかを証明しておくことは大切です。

また、平日の会社営業時間でなら在籍確認も手間なく済ませることができますが、
土日祝日などが原因で会社に誰もおらず電話がつながらない場合、在籍確認が行えずに終わってしまいます。

そういった日を避けるために、在籍確認が行われる日は先に決めておくようにしましょう。

銀行カードローンでも即日融資はできますか?

銀行カードローンで即日融資を受けたい場合に気をつけておくのは、審査時間と普通預金口座の有無です。

銀行の営業時間以内に審査を終えておく必要があるので、できるなら午前中のうちに審査を終えるようにしておきましょう。

営業時間を過ぎてしまったり、営業時間ギリギリのところで審査が終わってしまうと、
即日のうちに融資を受けることはできなくなり、翌営業日から融資が始まる形となってしまいます。

また、営業時間以内に審査が終わっても、普通預金口座を持っていなければ即日融資を受けることはできません。

口座を持っていないという人は即日融資を受ける前に、口座を開設する必要が出てきてしまいます。

この開設するための時間も長くかかってしまうので、
今すぐお金が必要でもお金を借りるのはしばらく後になってしまうので気をつけましょう。

専業主婦でも即日融資はできますか?

専業主婦の方が即日融資を受ける場合、総量規制がかせられている消費者金融ではお金を借りることはできません。

そのため、銀行でのカードローンをする必要がでてきます。

専業主婦でも口座を持っているという場合は、自分で銀行カードローンの契約を行うことができ、
即日のうちに融資を受けることができるので、銀行へ行って即日融資をうけるようにしてください。

ビジネスローンを利用した即日融資はありますか?

事業者が利用しているビジネスローンでも、即日融資を受けることはできます。

ですが、銀行でビジネスローンを利用した即日融資に対応している場所は少ないため、
即日融資のできる銀行や消費者金融を探しておく必要があります。

また、ビジネスローンでの融資は公的融資や銀行融資に比べると金利も高くなってしまうので、
あらかじめ返済計画をしっかりと立てておくことが必要です。

他にも、即日融資を行うための審査に2、3営業日かかるところもあるため、
ビジネスローンを利用しての即日融資をしたいという方は、早め早めの対処が必要です。

このページの先頭へ